家族葬が注目を集めているのは費用面だけではないその理由

家族葬が注目を集めているのは費用面だけではないその理由 近年日本では規模の小さな葬儀を選ぶ人が増えており、家族葬もかなり注目を集めるようになりました。
金銭面の負担を抑えることが出来るという点に注目しがちですが、それ以外にも選ぶ人が増えている理由は多々あります。
家族葬は家族のみしか参列できないイメージがありますが、故人や家族の希望があり親しくしていた人なら参加でき、人数に決まりがあるわけではありません。
本当に別れを惜しみたいはずの家族が一般の会葬者の対応に追われることがなくなるので、ゆっくり最後の時を過ごせるというのも大きなメリットではないでしょうか。
金銭面だけではなく精神面の負担の軽減という面から見ても、家族葬は人気となっていることは確かです。
家族葬を専門としている葬儀業者も近年ではかなり増えており、プラン内容や料金を比較してより最適で希望に合う葬儀を取り行えるようになっているのも魅力です。
人数が少ないからこそ、準備の手間の軽減にもつながる利点もあります。

家族葬以外にも注目されている葬儀スタイルがある

家族葬以外にも注目されている葬儀スタイルがある 家族葬は従来からある一般葬に比べて低予算である上に、家族や親戚レベルの親しい人たちだけで執り行うことができるといった安心感もあって人気となっています。
実は最近ではこのような家族葬以外にも、これまでにはない新しいスタイルの葬儀が誕生しており、注目されているところです。
たとえば一日葬は、これまで通夜と告別式を別々の日に執り行っていたものを合理化して、告別式のみを執り行うことで一日にまとめた葬儀のことを指しています。
さらには火葬式といって、通夜も告別式も行わずに、自宅からご遺体を直接火葬場に搬送して、火葬だけを済ませるプランまで登場しています。
場合によっては家族葬と一日葬を組み合わせることも可能です。
それぞれのプランは基本的に従来の一般葬に含まれていた要素を簡略化して低予算化していることに特徴がありますので、亡くなった人や参列者に対する敬意を失わない範囲で、事情にあわせてふさわしいものに決めるとよいでしょう。

新着情報

◎2024/1/4

情報を更新しました。
>家族葬は一般的な葬儀よりも費用がお得になっていることが多い
>海外で家族葬を行う際の準備に必要な事項について
>近年一気に普及した家族葬についてチェックしよう
>葬儀における法律上の制約と家族葬の進め方について
>家族葬のプランと残された家族への対応とは

◎2023/3/1

情報を追加しました。


>デフレ経済のためか家族葬の実施が増えている
>家族葬と一般葬の違いはどのような点なのか
>家族葬には友人など第三者を全く呼ばないのか
>家族葬を行う場合香典辞退を失礼なく伝えるには
>家族葬で故人が好きだったBGMをかけたい場合には

◎2022/5/10

情報を追加しました。


>家族葬にはデメリットもあるかもしれません
>家族葬ではどのような人を参列者にするのか
>家族葬なら短時間で通夜と告別式・法要も済ませられる
>家族葬で考えられるトラブルなどについては
>家族葬を行う際には喪主は誰になるのでしょうか

◎2021/11/1

アットホームな雰囲気の中でお見送り
の情報を更新しました。

◎2021/8/31

適切な業者を選ぶことが大切
の情報を更新しました。

◎2021/7/15

サイト公開しました

3人そもそもの家族葬が流行ってる原因が、全国の坊さんがお経上げてうん十万吸って高級車乗り回したり資産蓄えたりしてることへの全国的な反発が主要な理由なんだよね 必要もないのに地獄に落ちるとか天国で幸せになれないと脅して大金とってきたが、科学全盛の現代では通用しなくなってきた

返信先:ライターの方は喪主を経験された事がないんでしょうねぇ。金銭的な面で言えば家族葬の方が負担は大きい。 取り仕切ってみれば分かるけど、人を招くとなるとひたすら面倒。それが家族葬を選ぶ理由

「日本で急速に一般化する家族葬 耳を疑う費用総額」 「頭がよくて仕事もできる人が『1000万円もいらないんですけど…』と言う理由

ティアが選ばれる7つの理由 #5 ご希望の全ての儀式に対応 ご希望や予算に合わせ、一般葬・家族葬・社葬などあらゆる儀式を執り行うことができます。 神式やキリスト教式などあらゆる宗教の葬儀はもちろん、特定の宗教にとらわれない無宗教葬にも対応しています。 ▼詳細

\ティアの特長 No.4/ 年間葬儀実績20,000件 ※2022年10月~2023年9月ティア実績(20,600件:FC店舗含む) 実績が信頼の証! 多くのお客様に選ばれるには、7つの理由があります。 その理由は、近日中に1つずつご紹介します。

-->